定期試験対策のご案内

5教科 定期試験対策

千葉県の入試制度では、学力検査の得点に加えて、内申点も大切です。
内申点のアップを目指して、定期試験の約2週間前から、定期試験(5教科)の対策を行っています。また、定期テストの中心となる基本レベルの問題に加えて、入試で必要となる応用レベルの問題も行い、内申点と偏差値の両取りを行います。

Vision生の4人に1人が学年TOP10!結果でわかる対策レベル

2017年2月度 定期試験結果(5教科総合)

六中 現中2 Aくん 学年 1 八中 現中2 Bくん 学年 1 六中 現中3 Cくん 学年 1 八中 現中3 Dくん 学年 1

八中 現中3 Eくん学年 2位

六中 現中2 Fくん学年 5位

三中 現中2 Gくん学年 5位

八中 現中2 Hくん学年 5位

八中 現中2 Iさん学年 7位

四中 現中3 Jくん学年 7位

六中 現中3 Kくん学年 8位

六中 現中2 Lさん学年 8位

三中 現中2 Mくん学年 8位

六中 現中3 Nさん学年 9位

六中 現中2 0くん学年 10位

六中 現中3 Pさん学年 10位

Visionの定期試験対策の特長

5教科定期試験対策問題集
中学校別 5教科定期試験対策問題集中学校別 5教科定期試験対策問題集
各中学校の教科書と試験範囲にぴったり合った定期試験対策プリントで対策を行います。
だから・・・・
効率的・効果的に対策が行えるのです。
内申点と偏差値の両取り
内申点と偏差値の両取り内申点と偏差値の両取り
定期試験で中心となる基本レベルの問題に加えて、入試で必要になる応用レベルの問題にも取り組みます。
だから・・・・
内申点と偏差値の両取りが可能になるのです。
PDCAサイクルの実施
PDCAサイクルPDCAサイクル
計画(P)→実行(D)→振り返り(C)→改善(A)のサイクルを繰り返し行います。
だから・・・・
塾生各々にとって最適な勉強のスタイルが
できていくのです。

Visionの定期試験対策の流れ

PDCAサイクル
計画(P) 得点と学年順位の目標を決めます。 教科ごとに、やるべき事を一覧化します。 日別の教科毎の勉強スケジュールを立てます。
実行(D) スケジュールに沿って勉強します。 塾でも、定期試験に向けた問題を解き対策を
行います。
完了しなかったことを明確にして翌日以降の
勉強スケジュールを修正します。
振り返り(C) 得点、学年順位の結果を目標と照合します。 教科ごとに良かったこと、改善すべきことを明ら
かにします。
本人、保護者様、塾が総評し、改善点を明確に
します。
改善(A) 振り返りで明確にした改善点を、日々の学習
や、次回の定期試験対策に取り入れます。
この改善を繰り返し行うことによって、塾生それ
ぞれにとって最適な学習スタイルを作り上げていきます。

3つの書式が、効率的・効果的な
定期試験対策を強力に支援します。

目標・振り返りシート

計画時に、教科ごとの目標点や目標順位を定めます。
試験終了後、実績を照合し、良かったことと改善すべきことを明確にします。また、やる気と改善の促進を目的に、保護者様、当塾の総評を記載します。

やること一覧

計画時に、教科毎に何をすべきかを一覧化し、全体像を『見える化』します。
教科書、塾のワーク、プリントなどの分類で、やることを整理します。

勉強スケジュール

『やること一覧』を日別に展開し、実行計画を作ります。
終わらなかった項目は、直ちに次の日以降に計画を移動します。
※学校の学習計画表で兼ねる場合もあります。