小4生、図形をしっかり習得しよう。

2017年1月13日
vision-editor 塾長ブログ

小4では、角、垂直と平行、台形・平行四辺形、ひし形、面積、直方体と立方体など、図形分野をたくさん勉強する。これが、高校受験の図形の土台になっていく。

千葉県の公立高校の入試問題では、毎年、図形の計算や証明問題が出題されます。図形の分野は差がつきやすく、上位校に合格するうえで必須となる。

一方、図形が苦手だと思っているお子様が多いようだが、これは苦手というよりもこれまでに学習した量が少ないことが背景にあるのだと思う。実際、図形よりも、計算の練習に費やした時間の方が圧倒的に長くなっていないだろうか。

この冬、図形の復習をしっかり行って、図形を得意分野にしていこう。