私立高校の入試がスタート 〜かまえず、気楽に行っといで〜

2013年1月17日
vision-editor 塾長ブログ

Visionの塾生も、今日から私立高校の入試がスタートした。
ここから、昭和秀英、八千代松陰、東洋、江戸女と連日入試があり、その翌日、翌々日の合格発表が続くことになる。

私立高校の入試は、おさえの確保や逆に公立よりも難しい高校への挑戦といった実際的な目的があるし、今後の公立入試に対する実力の間接的な測定にもなる。
ただ、それらに加えて、公立高校入試を迎えるに当たっての精神的な安定を得るという点でも大切だ。
「合格」という言葉は、それだけで自信と落ち着きをもたらすから。それがおさえであっても。

ところで、私立高校の入試で、万一不合格になっても、別に反省なんかしなくていいからね。
反省する時間があるくらいなら、忘れてしまおう。
これまで、人一倍がんばってきたんだから、たまたま問題が自分に合わなかっただけだよ。
気持ちを切り替える方が、圧倒的に大事だからね。

目標は「公立合格」。
今日からの私立高校は、自宅で模試を解いてる気分で、かまえず気楽に行っといで。
これまで、自宅でたくさん模試の問題を解いてきたでしょ。それと同じだよ。
結果の電話、待ってるね。