とにかく早く始めた方がいい

2012年5月2日
vision-editor 塾長ブログ

今日は5月2日で、ゴールデンウィークのど真ん中。
といっても、Visionはカレンダー通りなので今日も普通に授業を行っている。

中3は、6月3日が本年度最初のVもぎとなる。
会場試験は初めてなので、他の中学の生徒とかもいる中、緊張するかも知れない。
指定通り制服を着ていって、できるだけ本番に近い雰囲気を感じてほしいと思う。

そうした中、中3になってから新たに塾に通い始めたり、塾を変えたりする生徒もいるだろう。
もしVisionを検討されているとしたら、一日でも早く来ることが望まれる。

別にお金の話ではない。
Visionでは、先行逃げ切りの受験対策を行っていて、既に3月から1年に遡っての受験勉強を行っている。
と同時に、中3として新たに学ぶことも3月から開始済である。
受験対策、中3としての新たな勉強とも、10月末には1サイクルが完了する計画である。
ということは、相応のスピードで進んでいる訳で、たとえば中3の数学は多項式、平方根を終え、二次方程式の勉強を始めた所だ。
後になればなるほど追いつくのが辛くなる。

逆に言えば、このように前倒し前倒しで学ぶことによって、11月以降に実際の入試問題で鍛える期間を確保することができ、有利な状態で本番を迎えることが可能だ。

精神的にも、先行逃げ切りの方がいい。
一日でも早くJOINして欲しい。