学力別クラス編成

2018年9月1日
vision-editor 塾長ブログ

Visionの中学生コースは学力別に2つのクラスに分かれている。
総合クラスは県立上位校の入試に特化して集中的に勉強を行うクラス、特進選抜クラスは昭和秀英や市川高校などの上位私立高校をおさえた上で、県立トップ校を狙う最上位クラスだ。

県立トップ校を受ける場合、万一うまくいかなかった場合に行くことになる上位の私立高校の合格を手にしておいた方が良い。
なぜなら、併願推薦で合格を手に入れることができる私立高校には限りがあり、県立トップ校の偏差値との差が大きいからだ。
上位の私立高校に一般入試で合格しておくことによって、安心して県立トップ校に挑戦できるという訳だ。

しかし、県立トップ校の偏差値がまだまだ遠い場合には、県立高校の勉強に集中した方が良い。
でないと、県立トップ校と上位私立高校が、共倒れになってしまう可能性が高いからだ。これでは本末転倒となる。
こうしたケースでは、第一志望が県立トップ校である場合、総合クラスで県立高校の勉強に特化してトップ校を狙ったほうが得策だ。
参考として、Visionの通常クラス(総合クラス)は、県立トップ校だけでなく、日大習志野や専修大松戸などの私立高校にも合格できるカリキュラムとなっている。

Visionでは、私が全塾生の状況把握をして、個々に学習アドバイスを行なっている。
それには、最適なクラスの選択も含む。
目的は、第1志望合格だ。
それを忘れずに、受験勉強を進めていこう。