中3生)夏休みの重点課題と高校説明会

2019年7月7日
vision-editor 塾長ブログ

今日、中3生はVもぎだった。
Visionでは、中3になると6月以降毎月Vもぎを受ける。
昔と違って、これだけ多くの塾がある中、中学生は色々な塾に分かれている。
こうした状況では、大手塾であっても、その塾の中だけで行われている模試の順位や偏差値だけに頼ると受験がうまくいかないこともあるから、できるだけ受験者数が多い外部の模試を継続的に受けた方が良い。

さて、Visionでは、Vもぎや駿台模試の結果を一人ずつ分析して、科学的に夏休みの重点課題を設定する。
夏期講習では、中3の学習と中1、2の振り返り学習の1周目を完了すると共に、昨年度の全国高校入試問題による総合演習も行っていく。
加えて、塾生ごとに定めた重点課題を通して、塾生一人ひとり、5教科合計の最適化を図る算段だ。
今月中旬から下旬にかけて行う三者面談で夏休みの課題をはっきりと決めて進めていこう。

もう一つ、夏休みは公立高校の説明会が集中的に開催される。
これに出席することは、極めて重要。
志望校との生の接触は、最高のモチベーションになる。
志望校の説明会に出席して、大学進学などのデータだけでなく、生の勢いや雰囲気も感じて来よう。

この夏休みは、学力の向上と、受験本番までのモチベーションの2つを手に入れる重要な期間となる。
Vision号で、力を合わせて突き進もう。