小6夏期講習-今日の算数は図形

2019年7月26日
vision-editor 塾長ブログ

今日の小6の夏期講習の算数は、図形の学習を行った。

角度計算や面積、円周、空間図形を中心とした内容だ。

スリッパ、ブーメラン、対頂角、同位角・錯角など中学数学で活用することになる定理も教えて、多様な応用問題の演習を実施。
基本問題は一瞬で解く塾生も、頭をひねりながら解いていたのが印象的だった。

角度計算は同じ答にたどり着くにも方法がいくつもあり、計算量も大きく変わってくる。
したがって、早く解けた塾生には、より早い解き方はないか考え、複数の解き方で解くようにアドバイスをしている。

また、円柱の展開図に関する問題では、側面の幅と底面の周りの長さが等しいという性質を利用する演習を実施。
これも、中1の最後に学ぶ空間図形に直結する話題なので、小6のうちに活用できるようにしておこう。

小6で学ぶ内容は中学校でも活用する知識が多い。
中学校に入学する前にしっかり復習して、足固めをしておこう。