千葉県統一テスト(2021年度第3回)

2022年1月2日
vision-editor 塾長ブログ

Visionでは、1月4日、5日と中1・中2を対象に千葉県統一テストを行う。
中学生コースでは、年に5度行う模試の偏差値でクラス分けを行っている。
既得権などはなく、ガラガラポンの入れ替え制だ。

Visionのクラスは、特進選抜クラスと総合クラスに分かれている。

特進選抜クラスは、県立千葉、県立船橋に加えて、市川学園や昭和学院秀英といった上位私立にも合格できる+αの学習を行う。
市川学園や昭和学院秀英といったレベルの私立高校は、高校入試だけれども、一部高校で学ぶ内容が出題される。
特進選抜クラスは、こうした問題にも対応できるよう、+αとして高校の内容の一部を先取りで学ぶ。

一方、総合クラスは、私立高校は併願推薦と専修大松戸、日大習志野クラスの一般入試に留め、県立高校に合格するための学習を集中的に行う。
私立高校対策を最低限に留め、県立高校合格に最大限の力を注ぎ、県立船橋に合格できる水準の学力養成を目指す。

したがって、Visionでは、おさえとする私立高校の水準はクラスによって変わるが、県立船橋高校には特進選抜クラス、総合クラスのどちらからも合格する。

すでに塾生には模試の試験範囲表を配布してあり、模試に向けた復習を進めていることだろう。
模試の偏差値の向上は、塾として重視しており、各講師が達成すべき重要指標(KPI)でもある。
2021年度第3回千葉県統一テスト、結果が楽しみだ。